保護猫さん-其の5。

しばらくして訪ねて来たのは小柄で優しそうなおばあさんでした。キツイことを言うのは可哀想かと思いつつもエイズや野良猫を増やさないためにも、前述したようなことを話しました。しかしおばあさんは、家の中で飼うのは無理だということ、高齢でひとり暮らしのためいつまで世話ができるかわからない、誰かもらってくれる人があれば猫のためにもありがたいということだったので、正式に我が家の一員に迎え入れることになりました。

その後、おばあさんがケージのそばに行くと、なんと、猫はニャァオニャァオニャァオと大きな声でなきながら骨折した足を引きずってケージの手前に移動して来たのです。「あぁ、よしよし、どうしたんよぉ?痛かったんか?そぉかそぉか。もぉええ、もぉええ、よしよし」とおばあさんがケージ越しに撫でてやると、頭をすり寄せ全身でおばあさんに答えているのです。それまで私たちの誰にもなつかず敵意さえ見せていたあの猫が、まるで小さな子供のように甘えているのです。そして、おばあさんが帰るのがわかるともっと激しくないてケージを噛んで外に出ようとするのです。そんなに帰りたかったんだ、優しいおばあさんと一緒にいたかったんだ…。

車や人家が少なかった昔とは違い、今は猫を事故や病気などから守るため、そして隣人やドライバーに迷惑をかけないためには完全室内飼いをしなければならない時代だと私は考えています。そんな時代に去勢もせず放し飼いしていることは、私から見ればとても無責任に思え憤りを覚えていましたが、おばあさんはおばあさんなりにとても大切に可愛がっていたんだということもまた事実でした。こんなことなら血液検査などしなければ良かった。エイズだと知らなければ良かった。何も知らずにおばあさんに返してあげれば良かった。猫との暮らし方に対する私の思いは間違っていたんだろうか…そんな葛藤を抱きながら、私たちに何度もお礼を言いながら帰って行くおばあさんを見送りました。

コメント
わーぷさん、こんにちは!

保護猫さんのお話,胸にじ〜んときてしまいました。やさしいおばあさんと一緒に暮らすのが猫にとって幸せなのでしょうがエイズとは困ったものですね、、、わーぷさんの葛藤も目に見えるようで一体どうコメントしたらいいものか、、

まだまだ猫を室内で飼うのに抵抗のある人が多いようです。自由に外を歩かせるのが幸せなんだと。でも結果は交通事故だとか病気が移ったりだとかで寿命を縮めることになるし
、、難しい問題ですね。猫ちゃんが一日も早く回復してわーぷさんたちに慣れてくれるといいですね。それしか御祈りできませんが、、
  • meru
  • 2006/11/04 12:59 PM
わーぷさん こんにちは!

ねこちゃんのお話、胸が痛いです!!
おばあさんとは特別な関係だったのでしょうか?
でも、わーぷさんに預ける事を決心なさったのですから、それが一番ねこちゃんにとって幸せと判断なさったのでしょう。

少しでも早く慣れてくれる事を祈っております
それから、、、わーぷさんとご縁があった子達は幸せだと思います。

カレンダーを楽しみにしておりましたが・・・・・・・・・
お仕事&お引越し等で大変!!
次回を楽しみに待つ事にしました♪
  • kei
  • 2006/11/04 3:06 PM
【Re:meruさんへ】
meruさん、コメントありがとうございます。
優しいおばあさんのもとで暮らしていた猫ちゃんは、それは幸せだったんだと思います。おばあさんもきっと寂しくなくて幸せだったんだと思います。その幸せを取り上げてしまったような罪悪感があります。

このへんはまだまだ田舎なので、猫を完全室内飼いするという認識が低いようです。高齢な方だけでなく、私の友人たちでもそういう考えの人は少なくないですね。でも、猫のためにも自分のためにも隣人や周りに迷惑をかけない飼い方をしなければ、それは飼っているとは言えないとあらためて思います。

>猫ちゃんが一日も早く回復して

ありがとうございます。
ギプスで固定した足が痛々しいですが、本人はもう痛みはないように見えます。食欲もあり、やっと私たちにもなついてくれました。いろいろご心配いただきありがとうございましたっ!
  • わーぷ
  • 2006/11/04 6:15 PM
【Re:keiさんへ】
keiさん、おひさしぶりです、お元気ですか?
コメントありがとうございます。
おばあさんと猫ちゃんは、とっても強い絆で結ばれていたんだなぁと、見ていて胸が苦しくなりました。その絆を断ち切ってしまう自分が本当に罪深く思え、しばらく悩みましたが、おばあさんもいつかは誰かに託さなければいけないという思いがあったようです。今回は、いろいろな思いが交錯しましたが、これも縁あって出会ったことだと思いますので、この猫ちゃんを大切にしていこうと思っています。

>カレンダー

申し訳ありませんっ!
せっかく楽しみにしてくださっている方がありながら、ご期待に応えられないのは本当に申し訳ないです。不義理な私ですが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。本当にいつもありがとうございますっ!
  • わーぷ
  • 2006/11/04 6:23 PM
コメントする








   

■ calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

■ くっきーず時計

■ クリック募金

■ selected entries

■ categories

■ archives

■ recent comment

■ links

■ profile

■ search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM