さつま芋、葉柄。



今日、少しだけ雨が降りました。
いつ以来でしょうか。
このところ、近隣の府県でも雷雨や大雨が降っているのに、こちらは見事に晴れマーク。草木ばかりでなく、小さないきものたちも干上がってしまいそうです。降ったと言っても数十分?いえ、十数分?そんな程度でしたが、ほんのひとときとは言え、カエルさんたちも喜んだことでしょう。
今まで、お天気のことなどあまり気にせずにいましたが、家庭菜園をするようになってから雨のありがたさ、天の恵みをようやく感じるようになったかもしれません。

さて、今日の話題はタイトルのとおり、さつま芋の葉柄です。
戦時中はさつま芋のつるしか食べられなかったという話を、亡くなった母からよく聞きました。今それを食べようと思っても、さつま芋のつるが食材として売られているのを見たことがありません。今年、園芸店で買ったさつま芋のつる。初夏にひと畝植えた頃にはひょろひょろと頼りなかったのが、今では隣の畝まで浸食する勢いで生い茂っています。これを無駄にする手はありません。

つるのほうはまだ穫っていませんが、まずは試しに葉柄を少しだけ穫って調理してみました。上のへたれ絵の葉っぱの下の「柄」の部分です。筋を取り、水にさらしてアクを抜き、軽く湯がいて更にアクを取ります。4〜5センチくらいの食べやすい長さに切ったものをゴマ油で炒め、砂糖、醤油など好みの調味料で味を整えてできあがり。今回は筋を取りましたが、柔らかい部分なら必要ないかも。いとも簡単。食感はシャキっとしていてなかなかGOOD。味にクセがないので、いろんな味付けでレパートリーは広がると思います。

母から聞いた芋のつるを食べるということ、それしか食べるものがないということは、豊かな時代に生まれ育った私たちには想像もつきません。でもそれは100年も200年も遥か昔の出来事ではなく、わずか63年前のこと。私が生まれる十数年前には戦争があり、食べるものもなく多くの命が失われた時代があったなんて。その時代を知る人たちは大勢いるのに、あまり語り継がれることはなく、私でさえ多くを知りません。子供たちはもっと知らないでしょう。母が生きている時にもっとたくさんのことを聞いておくべきだったと思います。こんなことで戦時中を偲んだつもりになるのはおこがましいけれど、それでも、風化させてしまってはいけないとも思うのです。自由で平和な小国に生まれた幸せをあたりまえと思わず感謝したいと、今日もさつま芋のつるを見て思うのです。

コメント
お久しぶりです。
福岡は只今豪雨です。
古い家の我が家は雨漏りするやも…(´・ω・`)

最近はテレビでも、戦中戦後の話題や番組も減りましたね。
私は出来るだけ、観たいのですが、観る人も少なくなったんでしょうね。
作り手側も、戦後の方々になってきているから、大事なことなのに、ただの歴史の記録としてしか、認識されなくなっているのでしょうか。
わーぷさんのお母様の時代やうちの義父母の時代の食生活等、聞くばかりで想像もできません。
さつまいものつる…如何に食べ物が無かったのか偲ばれますね。
それを食べてみるわーぷさんも、すごいと思いました。
売ってはいませんもんね〜。
根っこのさつまいもの味とは大分違うのでしょうか?
機会があれば、私も調理して食べてみようかな。
  • 小猫。
  • 2008/08/22 4:23 PM
芋のつる…それはそれは酢の物にしても美味しくいただけるわい
金平風に味付けしても…味噌汁の具にしてものお
取って置きは、醤油か味噌汁と一緒に煮込んだつるを乾燥させて非常食にするのじゃ
乾燥させた物をロープのごとく荷物を縛ったりして使うし、腹が減ったらチョンと切って湯で戻し頂くのじゃぞ

我が家ものぉ、芋づるは大切な教えと共に子供に伝えておるぞ
今年も長く伸びておるのぉ

【Re:小猫。さんへ】
小猫。さん、お元気でしたか?
そちらは豪雨?
昨日の時点ではこちらはやはり晴れ晴れでした。
今日はホントに久々に雨らしい雨が降りましたが。

>戦中戦後の話題や番組も減りましたね

そう思います。
特に他国にしたことには触れませんもんね。
忘れてしまったら、またいつか繰り返すんじゃないかと心配です。

>根っこのさつまいもの味とは大分違うのでしょうか?

ほのかに甘さが香る程度でしょうか?
あまり味にクセがないように思います。

>機会があれば

そうですね、是非!
立派な食材ですよ(^^)

【Re:じっちゃまへ】
酢の物、きんぴら、みそ汁の具。
しかも、乾燥させて非常食…と。φ(。。;)
なるほど。
さすがじっちゃま、年の功ですぢゃ。
え?ばばに言われとうない?たしかに…(^^;

しかし、じっちゃまは何でもよぉ知ってなさる。
そして、いろんなことをふつーに生活の一部として
取り入れているところがさすがですぢゃ。
ばばめも遅まきながらあやかりますぢゃ。
コメントする








   

■ calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

■ くっきーず時計

■ クリック募金

■ selected entries

■ categories

■ archives

■ recent comment

■ links

■ profile

■ search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM