アオムシコマユバチ。

アオムシコマユバチ

「・・・・・」。
本日のタイトルをご覧になっただけで、ゾゾっとさぶいぼが出た方もおられるんではないでしょうか。あるいは卒倒寸前の方も…。そんな方のために一部画像にモザイク処理を施しております。

先日、庭のブロッコリーの葉の上で1匹のアオムシがえらいことになっていました。アオムシのからだにびっしりとまとわりつくように、小さな黄色い繭のようなものが数十個。これは噂に聞くモンシロチョウの天敵、アオムシコマユバチの繭に違いありません。

そう言えば以前、CSチャンネルで蝶の幼虫に捕食寄生する蜂のドキュメントを見たことがあります。体長3ミリ内外の小さな蜂がモンシロチョウの幼虫のからだに産卵。卵を産みつけられたアオムシは脳を支配され、体内で孵化した蜂の幼虫のためにひたすら葉っぱを食べ続けています。蜂の幼虫は宿主を生かしながらその養分を摂取し、十分な大きさに育ったところで宿主の体壁を食い破って外に出ます。自らは繭を作って蛹化し、やがては羽化して成虫になるのですが、哀れ宿主となったモンシロチョウの幼虫は蝶になることは叶わず、蛹化する直前に天に召されてしまうのだそうです。南無なむナム…。

こんなえらいことが、まさか我が家の庭のブロッコリーの葉っぱの上で繰り広げられていようとは…。しかもそんなに珍しいことではなく、約9割程度が寄生されるのだと知って驚愕。

自然界で生き残って、次に命を繋げてゆくというのはいかに厳しいものかと思い知らされました。野菜の虫取り、またしても心が痛みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アオムシは害虫で、その発生を抑えるアオムシコマユバチは益虫とされているようですが、結局、葉っぱを食いつくした後に絶命するわけで…これってどうなの?(^^;


貴重な清き一票をありがとうございます。

コメント
アオムシコマユバチとのぉ
それはそれはえらいものをめっけたものじゃ
別段珍しいものじゃないのじゃが売っておる野菜にゃそんな痕跡は無いからのぉ
じゃが同じようにカマキリのお腹の中に寄生するもんがおったり様々じゃ
皆命を頂いて生きて生きておるわい

人様のお腹の中にも・・・ちょっとしたスリラーじゃろ・・・そんな映画もいっぱいあったのぉ

こんなところからでも命の大切さを知ればいいのじゃ
わっ、凄いものを見つけられたのですね!
しかも、そんなに珍しい事ではないだなんて…!
普段はこういう虫さんを見つけると大喜びするσ(^^;)
友人たちには嫌われますが…。
でも、今日は喜んではいられませんでした。
自然界の摂理って…切ないものですね。
ブロッコリーを頂く時…ちょっと考えちゃいますね。
画像にモザイクを掛けられたわーぷさんの優しさに
ポチッとして帰りますヾ( ´ー`)ノ~バイバイ
【Re:じっちゃまへ】
じっちゃま、今日もお寒ぅございます。
アオムシコマユバチ、恐るべしであります。
こんなホラーな出来事がこんな身近で起こっておるとは…驚愕でござりましたぢゃ。
んじゃが、これが自然界とゆーもの、生きるとゆーこと。
いろいろ勉強になりますですぢゃ。

【Re:ドロさんへ】
ドロさん、こんにちは。
あっドロさん、虫さんとかは苦手じゃないんですね?
わぁ〜、仲間〜〜〜。
と言っても私は観察専門で、触るのはかなり勇気が要ります。

自然界って厳しいですね。
毎日のほほんと暮らしている私には驚きがいっぱいです。

>ポチッと
いつもありがとうございます!
コメントする








   

■ calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

■ くっきーず時計

■ クリック募金

■ selected entries

■ categories

■ archives

■ recent comment

■ links

■ profile

■ search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM